冷え症は食事で改善しましょう

最近の若い人に冷え性が増えています。これは甘い物の取りすぎで低血糖症になっている人が多くなっています。甘い物を取りすぎると低血糖症になりやすい理由は2つあります。

第一には、単糖類、二糖類は体温を上げるのも速いですが、その効果がなくなって体温が下がるのも速いということです。

これはお酒を飲んだ時と似ています。アルコールを飲むと急に体が熱くなりますが、後で必ず冷えてきます。単糖類、二糖類を取ると体が冷えるのもこれと同じようなことがいえます。

もう一つの理由は、甘い物を取るとどうしても血液が薄くなります。

単糖類、二糖類を取ると、ミネラル分やタンパク質、ビタミン等が不足してきます。血液が薄くなるというのはそういう意味で、ミネラル等が不足してくるとどうしても体が冷たくなります。このように、単糖類、二糖類を取りすぎると冷え性になりやすいのですが、これを改善するのに良い食事があります。

まず、野菜の甘い煮汁を飲むのが効果的です。低血糖症は膵臓の働きが弱っていることからきているのですが、野菜の甘い煮汁はその働きをよくしてくれます。甘い野菜の煮汁はカボチャやニンジン、キャベツ、タマネギ等を煮て調理します。

また、こうした野菜の煮物を食べるのも効果があります。「あずきカボチャ」はあずきとカボチャを昆布と一緒に煮た料理で冷え症には大変効果があり、体を温かくしてくれます。

また、玄米ご飯の味噌雑炊等も血行を良くして、体を温めてくれます。冷え性の場合は、うどんやそば等の麺類を食べる時に、七味唐辛子等の香辛料を少し利かせるのもいいでしょう。香辛料はあまり多く取ると害もあるのですが、冷え症の人にはこうしたものを少し取ることで、体を温めてくれる効果があります。

このほか、食事で気をつけたほうがいいことがあります。生野菜を食べるのは体を冷やすのでおすすめできません。生サラダではなく、少し火を通した温サラダがおすすめです。

飲み物については、コーヒーや緑茶等は避けたほうがいいでしょう。こうした飲み物はカフェインが入っており、一時的に体温を上げますが、すぐに下がってきます。飲み物としてはくき茶や三年番茶、麦茶等カフェインの少ない物を選ぶほうがいいでしょう。


安易に薬に頼るのではなく甘い物を減らす等、食改善が重要です。


★おすすめ商品

今、国民の2人に1人がガンになる時代です。
ガンになる原因は体が本来持っている免疫力が低下していることが大きな原因です。
私たちが生まれながらに備えている最も効果的な健康法が「免疫力の活性化」です。

アガリクスの23倍もの抗酸化力を持つ健康茶
ロシアでガン治療の民間薬として古く使用されています。
その免疫力を向上させるために積極的に取り入れたいのが椎茸類。
その椎茸の中で抗ガン作用が最も強いのがチャーガです

チャーガの詳細はこちらから

チャーガ茶の購入は下記画像をクリックください↓