冷え体質はデブ体質



よく「食べる量を減らしてもやせない」という女性の方がいらっしゃいます。

食事日記をつけてもらうと、「食ベてないつもりでもちょこちょこつまみ食いしていた」という、本人としては衝撃の事実が判明したりもしますが、実は体が冷えていると、食べる量を減らしても、やせにくい体質になっています。

本来、食事で摂取された脂肪分は、消化・吸収され、生きていくために必要なエネルギー(基礎代謝)として代謝されます。

しかし、人間は何らかの原因で血流が滞り、体温が下がると、体内を機能的に動かすための酵素の働きが阻害されるため、食事をしても消化・吸収・代謝のプロセスがスムーズに行われなくなります。

すると代謝力も落ち、余分な脂肪分は内臓の周辺や血管の内側に付着。血管に脂肪の壁をつくることで血の通り道は細くなり、輪をかけて血流は悪化。内臓の働きはさらに低下し、体温がまた下がる…という負のスパイラルへと突入します。

その結果が、「やせたいけどやせられない」冷えた体、なのです。

人間の脂肪は動物性ですから、体が冷えることで体脂肪はどんどん硬くなり、落ちにくい状態になります。また、脂肪細胞自体には血流がないため、脂肪が蓄えられる部分の体温が下がる一方なのです。

「体の一部が弱っている(冷えている)ぞ!」と体が警笛をならすと、冷えている部分を守ろうとさらに脂肪は蓄積。血液を循環させて温める努力をしない限り、脂肪の層はどんどん厚くなり、まるで冷蔵庫のように体全体を冷やしてしまうのです。

「最近、太ってきたかも」という人は、まずはお腹、お尻、太ももなど、ぜい肉の気になる部分を触って見てください。思いのほかヒンヤリしていた、という人は要注意。あなたはすでに「デブ冷え」体質へと変化しているのかもしれません。

7月に入り暑い日が続きますね。エアコンのリモコンについつい手が伸びてしまいます。エアコンの使いすぎに注意しましょう!