誰もが「再発」の不安を抱えている



一度がんを「克服」した患者さんの、おそらくほとんどは、「再発」の不安を抱えているのではないかと思います。

治療がうまくいったようにみえても、手術で除去しきれなかった小さながん細胞が残っていて再び現れたり、手術を行ったときには、すでに血液やリンパ液の中にがん細胞が混じっていて、遠くへ運ばれていたり、化学療法や放射線療法で小さくなったがんが大きくなったりすることがあります。

このように、最初にがんが現れたのと同じ場所、もしくは違う場所で再びがんが再発見されることを「再発」といいます。

医学の世界では、がんを治療してから5年間、再発が起きなければ、「完治した」「治癒した」とみなされます。5年生存率が、治癒効果の目安などに用いられるのも、そのためです。

しかし10年以上眠っていた、もしくはおとなしくしていたがん細胞が、突然活発に活動を始めることもあります。そして再発したがんは、以前よりも進行していたり、ほかの場所へ転移していたりすることも多く、再発時の治療は、一般的には最初のときよりも困難になります。

そのため、たとえいったんはがんがなくなったり、5年経って医者から「治癒しました」といわれたりしても、心のどこかで、常に再発を恐れてしまうのです。

がんの手術を終えて10年以上経ったあとでも、生活習慣には気をつけ、常に精神安定剤を持ち歩く方もいます。また最初のがんの手術のあと、検査で何か異常が見つかるたびに、「再発したのか、していないのか」と気持ちが揺れ動きます。まだ起きていないことを心配するのはとてもつらいことです。知識量が多ければ多いほど不安になってしまうことはただあります。

再発に対して正しい知識を持ち、今できること、予防に全力を注ぐことが大切です。